利用時のポイント

カフェで相談カフェや喫茶店で保険の相談をする際は、場所と時間に注意が必要です。打ち合わせはどこのカフェでも可能ですが、向いている店とそうでない店はあります。静かすぎる店は打ち合わせに向きません。理由は保険はプライベートな事情まで踏み込んで話をします。そのため、静かすぎるカフェだと会話が周囲に筒抜けで、相談しにくくなる可能性があります。しかし逆に賑やかすぎる店もお互いの声が聞こえなくなるため不向きで、学生や親子連れが集まる場所、時間帯は避けた方がいいでしょう。

また保険の打合せには担当者が資料を広げて見せてくれます。狭すぎるテーブルやカウンター席は向かないので、ゆったり座れる席を選ぶようにしましょう。最近は座席が外にあるカフェも増えています。テーブルも室内より広めで周囲を気遣う必要もなくなりますが、風の強い日は資料が飛ばされるリスクもあるので注意が必要です。

カフェで訪問型の保険見直しサービスを利用する際に意外と気になるのは、飲み物代の支払いです。最近はカフェでの相談が増えているからか、保険会社によっては飲食代の支払いについて明記している事もあります。明記されているケースでは、多くが飲食代はそれぞれ自己負担としています。

おごられると断りにくくなるのが人情です。冷静に判断するためにも、飲食代は必ずワリカンにしましょう。担当者によってはおごろうとする人もいますが、きっぱり断っても失礼ではありません。