利用時のポイント

カフェで相談カフェや喫茶店で保険の相談をする際は、場所と時間に注意が必要です。打ち合わせはどこのカフェでも可能ですが、向いている店とそうでない店はあります。静かすぎる店は打ち合わせに向きません。理由は保険はプライベートな事情まで踏み込んで話をします。そのため、静かすぎるカフェだと会話が周囲に筒抜けで、相談しにくくなる可能性があります。しかし逆に賑やかすぎる店もお互いの声が聞こえなくなるため不向きで、学生や親子連れが集まる場所、時間帯は避けた方がいいでしょう。

また保険の打合せには担当者が資料を広げて見せてくれます。狭すぎるテーブルやカウンター席は向かないので、ゆったり座れる席を選ぶようにしましょう。最近は座席が外にあるカフェも増えています。テーブルも室内より広めで周囲を気遣う必要もなくなりますが、風の強い日は資料が飛ばされるリスクもあるので注意が必要です。

カフェで訪問型の保険見直しサービスを利用する際に意外と気になるのは、飲み物代の支払いです。最近はカフェでの相談が増えているからか、保険会社によっては飲食代の支払いについて明記している事もあります。明記されているケースでは、多くが飲食代はそれぞれ自己負担としています。

おごられると断りにくくなるのが人情です。冷静に判断するためにも、飲食代は必ずワリカンにしましょう。担当者によってはおごろうとする人もいますが、きっぱり断っても失礼ではありません。

自宅外でも利用可能

自宅に人を招く事に抵抗があり、訪問型の保険見直しサービスを利用できないでいる人もいます。確かに殆どの場合は担当者とは初対面ですし、人の紹介でない場合は担当者の人柄も分かりません。自宅は非常にプライベートな場所ですから、見ず知らずの人に知られたくないと思うでしょう。特に女性は抵抗が強いかもしれません。

訪問型の保険見直しサービスで指定する場所は、自宅でなくても構いません「ほけんの時間」の保険相談サービスには自宅以外でファミレスなど何処でも訪問してくれるとホームページに掲載されていました。例えば自宅近くのカフェやよく利用する駅の喫茶店でも大丈夫です。むしろ初めて担当者と会う場合は、いきなり自宅に招くのではなく、カフェなどの公共の場で会う方がお互いにメリットがあります。

名刺相談者にとってのメリットは、自宅に招かないで済む事と、公共の場なので相手のペースに巻き込まれにくい事があります。保険会社にとってのメリットは、移動が簡単な事です。相談者の自宅は駅の近くとは限りませんし、入り組んだ迷いやすい場所にある事もあります。カフェなどアクセスのいい場所での打合せなら、その後会社に戻るのも次の訪問先へ移動するのも楽です

カフェでの打合せは今では一般的で、多くの保険会社がカフェでの打ち合わせに対応しています。自宅に相手を招くと断りにくくなると心配している人も、カフェなら「人と待ち合わせしてるから」などと言って適当な時間で切り上げる事が可能です。


利用時のポイント

訪問型保険見直しとは

パソコン今はインターネットで大抵の事は調べられる時代です。しかしインターネットにアクセスするのも、ホームページの先にいるのも人間です。大切な事はやはり人間同士で直接話をしたいと思っている人も多いでしょう

保険はいざという時のためにかけておくものです。病気や怪我で働けなくなったり、高額の医療費が必要になる事もありますから、その時に悩まないためにも保険はよく検討し、自分にあったサービスを選ぶ必要があります。既に保険に入っている場合も、生活の変化に合わせて見直した方が良いでしょう。

例えば独身でいる間は死亡保障よりも入院保障に重点を置いた方が良いですが、結婚すると事情は変わってきます。夫婦共働きで子供がいない場合はそのままでも特に問題ありませんが、子供ができたり、配偶者を扶養している場合は死亡後も家族が暮らせるよう死亡保障も多くしておく必要があります

インターネットで得られる情報は大衆向けに書かれたものですから、個人のケースには当てはまらない場合もあります。より自分にあったプランを探したいのなら、保険会社の担当者に直接相談する方法がおすすめです。

担当者に直接相談するための方法は幾つかあります。保険窓口に直接出向いてもいいですし、担当者に訪問をお願いする事もできます。最近注目されているのが訪問型の保険見直しサービスです。窓口に出向くと交通費や移動時間がかかりますが、訪問をお願いすればそれらのコストはかかりません。


自宅外でも利用可能